【Dee-S selection】Garage Classics 26/100

全国Larry Levanファンの皆様こんにちはDee-Sです。

とは言っても最近の若者は自称音楽好きとか言いながら意外と源流を知らない、というかdigってない輩が非常に多いので何だかDJ聴いていても説得力が薄かったりしちゃうんだよね。オッサンから一言、音楽は最新のモノも含めて過去の作品も聴かないと何故、いまこの音が「良い」とされるのか分かんないと思うよ!?そんな訳で今回はコチラをご紹介。

T.C.Curtis – You Should Have Known Better

非常にキャッチーなメロディーで80’s discoで定番のテクニック、ドラムのDubbyな処理を施したトラック。往年のPrelude soundを彷彿とさせるUrban Discoのド定番トラック。この頃ってチョッと大袈裟な位のエフェクト処理が最先端だったんですよね。Nu Discoのムーヴメント到来で逆にこの辺りのドラムが混ぜやすくなってきてるので、筆者の私もボチボチ復活させたいネタでもあります。この記事を書いている2009年は邦楽でエレクトロ騒いでますけどね、僕らの中ではモノホンのElectro Soundはこの辺を指すわけですよ。キチンと横ノリがあって、ギリギリのダサさ加減がキモな訳で(笑)

それでは♪