【いにしえの名作】balearic classics vol.16

全国中年クラバーの皆様こんにちは。Dee-Sです。

さて、balearic classicsシリーズも第16回。主にUKヒットとなったBig tune、Underground hit、個人的な思い入れも交えながらご紹介したいと思います。

・Sueno Latino / Sueno Latino

DFC傑作、Manuel Göttsching / E2-E4を上手にリメイクした本作は恐らくDerrick MayのIllusion First Mixが最も人気が高いのではないでしょうか?若い子達はこのジャケで持っている人、少ないだろうな~。producerはC2ことCarl Craigなのはココで敢えて語るのは野暮ですかね。この曲は好き嫌いが分かれるところで、筆者の私は実はwinter mixが一番好きだったりします。そしてコレクターならUS盤のpromoと併せて持っているのが当たり前。Ita盤よりも溝深彫りで低音が分厚いからUreiでplayすると差は歴然。ま、CDJやPCDJが蔓延る昨今ではオヤジの戯言になってしまうんだけど(笑)

・Primal Scream / Don’t Fight It,Feel It

丁度この頃、HouseとIndy Rockが微妙な距離感でIbizaのパーティーを演出しておりました。特に伝説とも言われるDJ Alfred辺りがこの曲とか使うの本当に上手かった。因みにproducerはAndrew Weatherallで初期Boys Own Soundの原点は正にこの曲で完結していたのではないでしょうかね。日本でIbiza Soundと称される音楽はごく最近の商業的なHouseを紹介する事が多いのですが、リアルな音は勿論コチラ。ジャケも当時尖っていたアート感覚を垣間見れるので本当の意味での作品として手に入れたいブツですね♪

・Bizarre Inc / Such A Feeling

Old Skool Raverの皆様、大変お待たせ致しました(笑)91年のRave Soundを語る上で必須条件となるKorg M1のPiano+ブリブリのアナログシンセベースでハイテンションに持って行くコレ。当時UK辺りで非合法野外Raveで遊んでいた方なら「うわぁ・・・懐かしい」とか思っちゃいますよね~。当時、こういう曲をブツ切りでつなげまくって「Megamix」なるものをセッセと作っていたDJも相当居ましたよね。今なら本当にMegamixなんて作るの簡単なんですけど昔はテープを切り貼りしてやってたんだよなぁ~。Youtube辺りでこの辺のOld Skoolネタばかり持っている人のセレクト、本当にナイスです♪

今回は筆者の私がUKで弾けまくっていた時にヒットしていたものを無作為にチョイスしてみました。

それでは♪