【topics】disk review November 2011

はい、皆様こんにちはDee-Sです。

 

さて、2011年も残すところ・・・という時期に来ましたね。年末辺りのキラートラック集め~来年のWMCまでのトレンド予測も徐々にやっていて少しずつ衣替えしなければならないって感じでしょうか?最近、私はとにかく色んなトラックを耳にするようにして、どの辺りを押えておくべきかを考えてはいるんですが、結構当たりのトラックが多くて逆にパスするトラックを弾く作業の方が難しい状況でw まぁ、そんな訳で今月もいってみましょう☆

 

powered by

・Psychemagik - Heelin’ Feelin 

相変わらず、全く外す気配無し。ハイクオリティなEdit捌きで瞬く間にスターダムの地位を確立したと言っても過言ではないPsychemagik最新作。A面の”Welcome To The Boogie Drome”はヴォコーダー・ヴォーカルとダビーなカッティングギターで展開していく80′s Cosmic Disco路線で軽快なビートが実に心地よい。一方のB面”Diamond Star “はミッドテンポなCosmic Rock風に仕上げて、中年オヤジの魂を呼び覚ます確かな力強さ、ファンキーなギターが堪らない。今回も初回プレスは限定枚数らしいのでコレクターの方は勿論ですが、Disco/Classics DJで新譜を殆ど買っていない層にも是非、このPsychemagikの才能を感じて頂きたい!! 自信を持ってオススメするコチラは12月10日発売予定なのでPre Order段階で押さえちゃって下さいね♪

 

・Holy Ghost! – Hold My Breath

筆者の私、意外とDFA紹介率が低いんですが、今作はさすがに我慢出来ませんでした。ファーストアルバム”Holy Ghost!”に収録されていたトラックのremix盤で、RemixerがTiger & Woods、Falty DL、Cosmic Kidsと今をときめく布陣。A面のTiger & Woodsは相変わらずのワンショットループでグイグイ引っ張る古典的な展開なんだけど、何だかんだでカッコよいのでスルー出来ません。そして私が反応したのはCosmic Kidsのremixが若干おとなしめの空間系Tech/Electro House路線、地味ながらも使っている音色や展開が煌びやかでフロア映えするであろう、とてもお洒落なトラック!!これは積極的に使っていきたいですね。更にFalty DLのVer.は野外映えしそうなレイビーなシンセが頭を真っ白にしてくれるトラックでTech/Minimal路線の方もチェックですよ☆

 

・Mind Fair - Kerry’s Scene

もはや買わない理由が見当たらないInternational Feel、この最新作もジャケが既にサイケな音を想像させてくれるんですが、正にその通りの出来栄えで、いろんな要素が混じりまくりの無国籍感、ホント個性的なレーベルですね。オリジナルはフォーク、カントリー、サイケに加えて若干のアシッド感も加味されてもう何が何だか・・・でも他には無いオリジナリティーで勝負!!という構成が実に潔い。そしてremixerはLegowelt、Theo Parrishとこれまた日本で話題になりそうな人選、両者の仕事共に存分に己の個性を出しまくってます。さらにB2収録の”Mind Fair “が筆者好みのBalearicにBlues的なアプローチが加味された仕上がりで、「取り敢えずウイスキー持って来い!!」とか言いたくなる曲で最高でした☆ 発売は11月21日で勿論180gの重量盤、お楽しみに!!

 

・Dean Sunshine Smith - The Sunshine Reworks Series #2 

前作がリリース直後に姿を消したDean Sunshine Smithが早速の2枚目。つーか、この人のチョイスするネタ、正直ズルくないですか?という位の「みんな大好き」Classicsで、チェックせざるを得ないじゃないですか・・・。A面はPrelude作品の傑作”Gayle Adams – Love Fever”を料理してまして、これが微妙なさじ加減で弄くり過ぎず、うっすら過ぎず丁度良い塩梅なんですよね。Tiger & Woodsよりは少し展開作ってるループ捌きと言いますか。そしてB面は”Tamiko Jones – Let It Flow” を結構しっかりRe-Editという訳で、Disco/Garage Classicsファンは嫌でも反応してしまうでしょう。発売は11月7日、今作品もあっという間に消え去りそうな予感がしているので、見つけたらお早めにね☆

 

・Late Night Tuff Guy - Baby…You Fooled Around / Turn Your Love Around

ちょっと見落としそうになったネタで10月リリースだったのですが、コチラも反則的な大ネタ使いで盛り上がり必至。そして今後、入手が困難になりそうなので、慌ててReviewしておきます。A面の”Baby…You Fooled Around”は”Chic - You Fooled Around”使いで引っ張る引っ張る。使い勝手も相当よろしくて正にDJToolsというトラック、そしてB面”Turn Your Love Around” は”George Benson - Turn Your Love Around”の超うっすらRe-Grooveといった仕上げ方。Slow Mo’からMid Tempo好きな元B-BoyなオッサンDJならマジで押えておきたいネタ。既にこのレーベルは9番も出てますが、何気に絶好調なリリースなので今後も定期観測モードに突入しました。

 

コメント投稿は締め切りました。